1. HOME
  2. 広報啓発・顕彰事業
  3. 子ども・若者育成支援強調月間/街頭活発活動

「青少年の非行・被害防止標語コンクール」表彰式と標語展示会

この事業は今年度からの新規事業で、7月の「青少年の非行・被害防止全国強調月間」を啓発することを目的として実施したものです。コンクールの対象は県内の中学生で、8月15日を締切として募集した結果、県内46校から2,848作品の応募があり、審査の結果、最優秀賞は

「向き合おう 画面じゃなくて 現実と」
大仙市立協和中学校 3年 茂木顕光(もてぎ・あきみつ)さん


に決定し、7月22日(土)に秋田駅東西連絡自由通路「ぽぽろーど」で入賞者の表彰式が行われました。また、入賞者を含む第1次審査を通過した100作品の標語は7月28日(金)までの1週間にわたって展示されました。

入賞者一覧はこちら

最優秀賞の茂木さん


前列中央、最優秀賞・茂木さん、左となりに優秀賞・田村香帆さん、鈴木彩夏さん、菊地碧央さん、
後列右から、優良賞・半田勇輝さん、伊藤香音さん、阿部瑞輝さん、佐藤くるみさん、大城菜緒子さん、
マスコットの「んだッチ」くん、なお、優良賞の大仙市立太田中1年小松さんは都合により欠席

・標語展示会