1. HOME
  2. わたしの主張
  3. 発表原稿募集要項

発表原稿募集要項

わたしの主張2017 (第39回少年の主張秋田県大会)

趣  旨

少子高齢化、国際化、情報化が急速に進み、環境が目まぐるしく変化する現代社会において、次代を担う子どもたちには、心身ともに健康で他者を思いやる心をもち、社会的に自立していける、健やかな成長が求められています。
 そのためには、広い視野と柔軟な発想や創造性などとともに、物事を論理的に考える力や自らの主張を正しく伝え、理解してもらう力などを身につけることが大切です。
 わたしの主張2017は、これらの契機となることを願い、独立行政法人国立青少年教育振興機構が主催する「少年の主張全国大会」の県予選を兼ねて実施します。

対  象

県内に在住の中学生 ※国籍は問わないが、日本語で発表できること。

発表内容

①社会や世界に向けての意見、未来への希望や提案など
②家庭、学校生活、社会(地域活動)及び身の回りや友だちとの関わりなど
③テレビや新聞などで報道されている少年の問題行動、大人や社会の様々な出来事に対する意見や感想など
上記のような内容で、心からの思いや考えたこと、感銘を受けたことなどを少年らしい自由でユニークに、飾り気のない言葉でまとめたもの。

また、商業的な固有名詞の使用は極力避けるようにしてください。

応募方法

(1) 原稿は未発表のもの。
(2) 原稿は、最初に「題名」を書き、400字詰原稿用紙4枚程度(発表時間:5分程度)
(3) 別紙(原稿用紙等)に住所、氏名(ふりがな)、性別、学校名及び学年を記載、
なお、学校全体又は学年、学級で選抜応募する場合は、全体の生徒数をメモなどで報告のこと。

募集締切

平成29年8月4日(金) 当日消印有効

送 付 先

(1) 県北地区(県教育庁北教育事務所・出張所管内の中学生)
〒018-3505 大館市早口字上野43-1 大館市生涯学習課内
  青少年育成大館市民会議  TEL:0186-43-7113

(2) 県中央地区(県教育庁中央教育事務所・出張所管内の中学生)
〒010-0595 男鹿市船川港船川字泉台66-1 男鹿市生涯学習課内
  青少年育成男鹿市民会議  TEL:0185-24-9102

(3) 県南地区(県教育庁南教育事務所・出張所管内の中学生)
〒012-8501 湯沢市佐竹町1-1 湯沢市学生涯学習課内
  青少年育成湯沢市民会議  TEL:0183-73-2163

地区大会

各地区に応募のあった作品から、10名程度の地区大会出場者を決定し、大会で発表。
地区大会で県大会出場者12名(県北・中央・県南 各4名)を決定。

① 県北地区大会
平成29年9月5日(火)13:30~16:00 大館市立第一中学校(大館市北神明町10-1)

② 県中央地区大会
平成29年9月7日(木)13:30~16:00 男鹿市立男鹿東中学校(男鹿市船越字根木169)

③ 県南地区大会
平成29年9月5日(火)13:30~16:00 湯沢市立湯沢北中学校(湯沢市杉沢新所字八斗場33)

県大会

各地区大会優秀者12名及び開催学校推薦者1名の計13名による主張発表。審査により次の各賞を贈り表彰。
最優秀賞 1名 優秀賞 4名 優良賞 8名

開催日時平成29年9月14日(木) 13:30~16:10
開催場所秋田市立外旭川中学校(秋田市外旭川字梶ノ目50)

※県大会最優秀受賞者は、「少年の主張全国大会」(11月12日(日)東京都にて)の北海道・東北ブロック代表出場者(2名)の候補者として推薦。全国大会出場者は全国5ブロックから12名が出場。

その他

(1) 応募者全員には参加賞を贈る。
(2) 応募作品は返却しない。
(3) 県大会出場者作品の出版権は主催者に属し、広報その他の資料として活用。
(4) 全国大会出場者のうち希望する者については、翌年に実施する「ミクロネシア諸島自然体験交流(7月~8月)」に参加できる。(経費は主催者が負担)