1. HOME
  2. わたしの主張
  3. 平成29年度 わたしの主張2017

平成29年度 わたしの主張2017(第39回少年の主張秋田県大会)

第39回少年の主張秋田県大会

プログラムダウンロード

1979年(昭和54年)の国際児童年を記念して開催された「わたしの主張(少年の主張秋田県大会)」は、平成29年度で第39回を迎えました。公益社団法人青少年育成秋田県民会議は、本大会を青少年育成のための主要事業と位置づけ、平成20年度から県内3地区(県北・県中央・県南) で地区大会を行い、選抜された少年たちによる秋田県大会を11月に開催される全国大会の秋田県予選を兼ねて実施しました。


開催日時 平成29年9月14日(木) 13:30~16:30
開催場所 秋田市立外旭川中学校
参加者   380名

わたしの主張2017 (第39回少年の主張秋田県大会)

各地区大会の概要はこちらをクリック

入賞者

区分 発表主題 学校・学年 氏名
最優秀賞 認め合うということ 湯沢市立湯沢南中学校3年 須原 佳奈
優秀賞 民謡を唄い継ぐ 八郎潟町立八郎潟中学校2年 谷川 未采
小さな小さな積み重ね 大仙市立仙北中学校2年 佐々木 英美里
過去を学び未来へ伝える 男鹿市立男鹿南中学校3年 笹 剛大
羽後町再生計画 羽後町立羽後中学校3年 伊藤 佳歩
優良賞 自分の価値 大館市立第一中学校3年 齊藤 海斗
変わる勇気 大館市立東中学校3年 笹原 妙見
本当のつながりを信じて 小坂町立小坂中学校3年 柴田 なつ
故郷「鹿角」を伝える中で 鹿角市立八幡平中学校3年 櫻田 ひかる
外旭川とともに 秋田市立外旭川中学校3年 佐藤 美宙
私が英語を学ぶ理由 男鹿市立男鹿東中学校3年 太田 さくら
兄に教わった大切なこと 男鹿市立潟西中学校3年 佐藤 瑞季
「お母さん、ありがとう。」 秋田県立横手清陵学院中学校3年 三橋 風優花

※なお、優良賞は大会プログラムの出場者名簿順である。

審査委員

委員長 渡辺 伸也 秋田魁新報社編集局局長代理 →審査講評
  近藤 敏之 NHK秋田放送局副局長
  佐藤 淳 秋田県中学校長会長(秋田市立秋田東中学校長)
  大嶋 隆夫 秋田県教育庁義務教育課指導主事
  水澤 里利 秋田県あきた未来創造部次世代・女性活躍支援課政策監
  小玉 喜久子 (公社)青少年育成秋田県民会議副会長